*発売中*

ねむい。規則正しくコツコツって大事…!と思いながら、時間配分ペースめちゃくちゃでなんとかやってます。あと2日も寝れば回復!心は健やか!ちょっと肩と腰が凝ってる!くらいです。間違っている箇所を何個かまた見つけてギリギリまで調整と修正を重ねました。

奴隷鬼畜遊戯(包茎鬼畜遊戯は、名前が恥ずかしすぎるとの理由で完全版は変更しました)、チェック完了!読みました。3章の楽園の表紙を描いて載せてあげたいんですが、私の筆が間に合えば…と言った感じです。あーん。もっと早く見てればなー。

感想は、千姫ちゃんがやりたかった集大成が詰め込まれた一冊になってました。うんうん、作品を作るなら、これぐらいの熱を読みたいなとは思います。

ジャンル的に、私はあまり性的なものに突き刺さらないんですが(冷たい目)、ハード系M男さんなら、面白く読めると思います。一応、これまで出した紫眼球水槽の中では1番ハードです。でも、原点だなぁと読んでて懐かしくなってしまいました。これをマイルドにしたのが調教する隣人なので、似たようなシチュエーションが出てきた時は笑ってしまいました。話や表現としては面白いです。

流石って感じで、私の小説が産まれたての透明な感じなら、千姫ちゃんのはとにかく濁った水みたいな感じです。すこーし、うちの子も入れてもらったんで楽しめると思います。

全体的に、ちゃんとまとまってはいるものの、海外の頭おかしい作品の雰囲気があって、ちょっと怖いもの見たさ…を感じたいならおすすめです。

んー、我々の本は読書家の方とか、読解力のある方に読んで欲しいです。

2冊とも、これです。と言った代表作が出来上がったので良かった。後は、これが読んだ方のお口に合うかどうか…のお話しですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事