*発売中*
AIと人間。

はー…だめだめだー…。やっぱり眠れなかった。夜の方が冴えるんだけどなー…。頑張って朝に少し戻しますかー…。

こう、何もできずに目を閉じていると色んなことが思い浮かびます。めちゃくちゃな事ばかり出てくるから、頭壊れてるのかな…とか、思っちゃう。こうして、書き留めているけど。こんな時はネットは遮断して、必要最低限が一番いいかな…と思う。いつからこんなに彷徨っているのかな。分からない。

誰か話し相手でも…なんて思うと、いつかAIと会話するような…そんな風に変わるのかな…。と、そんな事を考えてしまった。それは、とても寂しいな。でも、ネット上の会話程度ならもう気が付かなそう。それらはとても自然に変わっていくだろうし、多分、もう既に気が付かないままで話をしているのかもしれない。

人間がコンピュータみたいな無機質なものに合わせるのは違うと思う。サイコパスのような会話が繋がらないような人やっぱりいるし。考える力がなくて、人の考えなのに自分の考えだと思っていてそれに気がついていないとか。結構そんな場面は色々遭遇することもある。

もしもの話だけど、いつか、ネットという手段を手放す集落なんかが出来たとして、その中で、人間らしい感覚は保てるけど不自由な生活…という環境が選択できるとして、わたしはどっちを選ぶのかな。世界の中に取り残されてしまうだけなのかな。

人間だけじゃなく等しく生物として全てのものがAIに比べられていくのかな。ある意味、スポーツなんかだと正確なものだろうし、導入した方が良いような気もするけど。人が人を判断する事は無くなるのかな。とても平等なのかも知れないけど、理由を探してしまう。理由なんかないのに。

さらに言えば、機械的でなんだかとても寂しい。考えの伝染みたいな、意識が確立されないみたいな。

なんだか、とても、寂しくなった。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事