*発売中*
【作業環境】audio-technica AT2035 サイドアドレスマイクロホン【録音】

これまで、使っていたマイクが録音するのにはちょっと力不足…とのことだったので、マイクを新調することにしました。

型式:バックエレクトレットコンデンサー型
指向特性:単一指向性
周波数特性:20~20,000Hz
感度: (0dB=1V/1Pa、1kHz)−33dB
最大入力音圧レベル(1kHz、THD1%):148dB S.P.L.
ローカット:80Hz、12dB/oct
SN比(1kHz、1Pa):82dB以上
出力インピーダンス:120Ω平衡
電源:ファントム DC11~52V
消費電流:3.8mA
質量:403g

AT2035|マイクロホン|株式会社オーディオテクニカより引用 https://www.audio-technica.co.jp/product/AT2035

本当ならもう一つワンランク上の「AT2050」を導入予定が届くのが2か月後…。
しかも、あくまでも届くのが予定なので遅くなる可能性もありだし…。
アマゾンではプレミアがついて2倍の値段に…。

色々悩んだ末に、「audio-technica」の「AT2035」を購入。
これもラスト1だったので、品切れになる前にとマイクだけ先に購入。
アームの購入も必要になると思うので後日追記しときます。

レビューを見た感じだと、クリアに聞こえやすい。そのままの音が反映されるようなイメージのようです。

オーディオテクニカさんの商品は安くて確実に良いもの!とプロの方から太鼓判を押されていたので、う~ん、う~んと悩みながらも違いを調べた結果、大まかにわかった点は…。

「AT2035=単一指向性」
「AT2050=無指向/単一指向/双指向」

が選べるかの違いだと理解し、小一時間悩み…。
用途的に、セリフや歌の収録に使うだけなので、「単一指向性」を選択することにしました。(値段も1万くらい安く、明日には届くよ~)

愛用のイヤホンです♪

オーディオテクニカさんの△マーク。
どこかで見たことあるな~みたことあるな~と思っていたら、普段使っているイヤホンがオーディオテクニカさんのものでした(*^-^*)

このイヤホン、もう5年以上前に昔にヨドバシカメラで全イヤホンを視聴し、1時間ぐらいひたすら視聴していき…もうわけがわからなくなって。
「もう、価格とか関係なしにいいもの買おう…」
と、最終的に1万くらいで結構いい音質なのが気に入って買ったものなんですよね。

これでますますオーディオテクニカさんの商品が正解なのが核心に変わりました。
よく分かってないのですが、オーディオの機械はケンウッドとオーディオテクニカなら間違いないと個人的には勝手に思っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事