今日の出会いと明日の別れと。

diary

【ひとめぼれのアクセサリー】
※画像は、髪飾りエピソードを省いたためボツとなったイラストです。なんかお洒落なので何かの画集にでも入れようかな。

最近、出会いについてよくよく考えます。いろんな人と話をするってなかなかないものですから。 人の出会いは一期一会ですが、私は紫眼球水槽での出会いは活動を通して楽しく出会いたいと思っています。旅の仲間みたいな、ある意味RPGのような、そのキャラクターを理解してのつながりみたいな。NPCなんていないんですよね。全部、人の手で、人の心で形作っているものだから、その部分が通じるととってもいいなって思います。


 人間関係って消耗品のようにすり減ることが現代では多いと思います。私は結構消耗して生きてきたように思います。それは、学生生活の時もそうだったし社会生活を送るときもそうだったなって感じています。 人間関係ってリセットできちゃうんですよね。関係が無くなれば、もう赤の他人です。仕事なら職場を帰れば、学校も卒業しちゃえば、大抵のことはリセットできちゃいます。 私は今になって思うと、もっとどうしてこう、うまく構築できなかったのだろうと考えることが多いです。どこにも踏み込んでいかないで生きて来たな…と。結構めんどくさいことも多くて、私なりの防衛手段だったんですが。あと、単純に私の趣味が通じる人も打ち明ける人も少なかったという点もありますがね…。


 同人活動をしていく…というのは中学生時代の目標でした。私は当時美術部に入っていて、漫画家になりたいとか、そんなことは考えたことは無くて、好きなことを好きなペースでいろんな好きの形が共存する同人ってのが好きだったんですよね。思えば美術部の先輩方と楽しく活動をしたのが私の基本ベースのまま残っています。
 人とのつながりって、本当様々です。今は、少し荒業的ですが、皆さんに知ってもらえるよう。更に、話が通じ合えるようになれたらいいなって思っています。そして、私は技術面を少しでも上達させて、やりたい表現を再現できるようになりたい…なんて思っています。


 自分と違う人の意見って大切なことって多かったりします。時には批判や悪口も全然OKだと私は思っていて、自分自身を振り返るのにとても大切だなって思います。あ、でも無礼者はだめです。私の中でそんな風に線引きしています。でも、無礼者が出てくるっていう原因は考える必要があるなとか、そんな風に頭を切り替えています。全員に好かれる必要は無いですが、私なりの真心は伝えていきたいな。

 今後の活動は、小説→短編ゲーム→年1のゲーム。その間に細かな仕事や事務処理などを挟んでいきたいです。ここに広報やら勉強の時間やらなにやら入れますが、それらはある程度のレベルに来たら省けるところが出てくるはず。できなかったらいつも通り自家発電し続けるだけです。


 そのままの私で、届けられるように。今日もPC作業がんばりますっ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました